TOP>糖尿病関連ニュース>10月26日

28キロの腫瘍摘出=ドイツ

DPA通信によると、太り気味のイルムトラウト・アイヒラーさんは当初、糖尿病と運動不足と診断された。しかし、1メートル63センチの身長に対し、体重が138キロまで増え、立てないほど状態が悪化。再検査で巨大な腫瘍が見つかり、子宮や卵巣などとともに ...

中外製薬など、SGLT2阻害剤「CSG452」に関する国内ライセンス契約 ...

現在、2型糖尿病の適応症取得を目指し、日本で有効性および安全性を検証する第III相臨床試験を実施中です。本剤は ... 2型糖尿病の国内患者数は年々増加し、2007年の厚生労働省調査で「糖尿病が強く疑われる人」は890万人に「糖尿病の可能性が否定 ...

初の糖尿病黄斑浮腫の適応追加、承認を了承

厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会は26日、わかもと製薬の眼科手術補助剤マキュエイド硝子体内注用40mgの「糖尿病黄斑浮腫」と、グラクソ・スミスクライン(GSK)のA型ボツリヌス毒素製剤ボトックス注用50単位、同100単位の「重度の原発 ...